blog.takurinton.com

External

半年で思ったこと

2021/06/30

こんにちは

どうも、僕です。
2021年も半分が終わりました。皆さんいかがお過ごしですか?
まだ振り返りブログを書くのは早いかなとか思ったのですが、まあぼちぼち感じたことがあるので短めにさくっとまとめます。

この半年をまとめるとどうだったのか

この半年、僕は成長できたのでしょうか?答えはわかりません。
成長できたと言う人もいるでしょうし、変わってないと言う人もいると思います。主観だけで言うと、あまり変わってないように感じます。

逆に退化してるのではないかと感じることが多々あります。
シンプルに鬱になりやすくなったし、外にも出なくなりました、時間の管理もできなくなり、提出物も出せなくなりました。(もともとそんなもんだったろみたいなことは言わないでください、悲しいので)
ただ、大切にしたいものはできたし、人生の充実度としてはそこまで低くもないのかなとも思います。そんな半年間でした。

学校

ほぼ行ってないです。1月に怒涛の期末テストラッシュがあり、当時はだいぶキツかった記憶がありますがそのあとは基本的に何もしていませんでした。
4月以降は論文をかじってみたり、ゼミで出た課題をこなしたり、そんな難しいことはしていませんでした。登校もしないのであまり人とも喋る機会がなくなり、結構寂しいです。皆さんご飯など誘ってください。

仕事

2月から働いていました。部署のメンバーは好きですし、技術力も高くて尊敬していますが個人的にやりたいこととはちょっと離れていた気がします。
モダンなフロントエンドを書きたいと思っていたのですが、実際はだいぶレガシーなサーバサイドのプログラムを書くことが多かったです。
ただ、大きい複雑なプログラムを読む過程でコードを読む力や実装力は身についたと思いますし、いい経験になったのかなと思います。

ただ、僕は業務でモダンなフロントエンドフレームワークを使用したことがなく、そこに対してコンプレックスを抱くようになりました。仕事で書けていたら多少変わっていたのかなとか思うこともあります。
今の部署にはもう少しだけお世話になる予定なので、その時にはモダンフロントエンドフレームワークを直接触るとまではいかなくてもバンドルする部分の最適化やパフォーマンスチューニングなどをやってみたさがあるのでそこらへんについても話をしてみたいななど思っています。

また、仕事では技術力以外に社会人としての基礎を教わりました。
いくら技術力があっても人間力がなければ仕事はできないことがはっきりわかりましたし、基本的なコミュニケーション能力や人に物を伝える力はだいぶ身についたと思っています。自分はフルリモートで勤務していたのでSlackなどの文字ベースのコミュニケーション能力も身につけることができました。

趣味開発

仕事で満たされない知識欲を個人開発で補っていた感覚があります。
業務時間外に睡眠時間とメンタルを削って開発することは精神衛生上良くないです。
自分はフロントエンドの技術が好きですが、仕事ではサーバサイドを書いています。そんな中で周りはフロントエンドを業務で触って結果を残していく、自分は趣味開発でしか触ってないから必要な知識が足りない、それで実力差を感じて落ち込むみたいなことが増えたような気がします。
業務で触っている人間に趣味開発の人間が敵うはずがありません。いや、敵うかもしれませんが、業務時間外で、しかも研究や学校の課題がある状況で、それは無理でした。
本来趣味開発は楽しむものですがそれを見失ってしまっていたような気がします。
この先人生長いです。ゆるゆるやっていきます。
別に続けようとかは意識していませんでしたが、毎日業務時間外でたくさんキャッチアップしないとみたいな感覚に駆られていて毎日コードを書いてたら割と草が生えてました。

プライベート

パートナーと楽しくやってます。
が、前述したとおり、謎の使命感やフロントエンド技術への劣等感を感じまくって自分を卑下して自分で自分を攻撃してしまって落ち込むことが多くなり、大切な物を見失ってしまっていたような気がします。

これはパートナーに言われて感じたのですが、普通の生活をして、自分の大切にしたい物を大切にできれば人生幸せではないかと、まさにそれです。自分が大切にしたい親しい人間やパートナー、家族を大切にすることができればそれで十分だと思いました。

何かを犠牲にして大切な物を失うのは嫌ですし、その犠牲にするものが自分にとって本当に犠牲にするべき物なのかについて考えて2021年後半は行動していこうと心に決めました。

まとめ

なんだかポエムみが強くなってしまいましたが、一番感じたのは大切にしたい物を大切にすることだなと感じました。
技術力の向上も大事ですが、もっと自分や周りの人間を大切にしたいなと感じました。